Tokyo

980x480

After 15 years of creating art communities around the world, international event Slideluck comes to Japan to celebrate its first edition of Slideluck Tokyo. We are inviting photographers and artists to participate in the event by submitting their photographic projects. 22 Selected works will be projected as part of the Slideluck Tokyo evening event on March 2016, at The Terminal, Harajuku, Tokyo.

(The exact date will be announced in January 2016).

15年 間活動ともに国際的な世界中のアート・コミュニティーを作り出しているSlideluck が、日本でもSlideluck Tokyoの最初のエディションとして開催。写真家とイベントの参加 アーティストはそれぞれの作品を提出してください。作品を提出したアーティストとフォトグラファーをイベントに参加するように招待致します。22の選ばれた作品がSlideluck Tokyoとして2016年の3月に、東京の原宿The Terminal,で投影されます。

The works will be selected by Kohei Oyama, curator of Newfave publishing house, Maria Teresa Salvati, editor in chief of Slideluck Editorial, and Naoko Higashi, editor of IMA magazine.

作品はパブリッシャー、NewFaveの主宰者でありキュレーター、Kohei OyamaとSlideluck editorial(UK)の編集長、Maria Teresa Salvati,IMA magazineの編集、Naoko Higashiによって選 考されます。

Submissions deadline: 14 of January of 2016
Price of submission: $5

応募締め切り:2016年1月14日
応募料:5$

Theme: LOST

“Unable to find one’s way” that’s the literal meaning of Lost.

We are looking for personal, documentary, conceptual, experimental projects that depicts the idea
losing something, feeling lost within, introspective journeys; feeling lost in the society and among
people; We also welcome reportages and documentaries of hidden, lost communities, unable to be
found and disappeared souls.
テーマ:

LOST
「その人の道/方法を見つけることができない」 これがロスト(喪失)の直訳です。 私たちは、私的/コンセプチュアル/ドキュメンタリーといった、多様で実験的な”喪失”にまつわるプロジェクトを探しています。 自己の喪失や内向的な遍歴、私たちを取り囲む社会や人間関係からの心理的喪失…… そして私たちはまた、”隠れた””失われた”コミュニティーや”姿を消した””見つけることのできない”魂に関するルポタージュ作品にも非常に興 味があります。

 

Posted on